エネルギー分散型蛍光X線分析装置 ED-XRF

[ FT-NMR / ICP-AES / XRD / ED-XRF / SEM / 熱分析システム / 万能試験機 ]

エネルギー分散型蛍光X線分析装置は、X線をサンプルに照射し、サンプルに含まれる元素の種類と量(元素組成)を決定する装置です。元素の種類は、X線の照射によって発生する蛍光X線のエネルギースペクトルから測定します。ここにある蛍光X線分析装置の最大の特徴は「非破壊分析」であり、分析対象物の薬剤、材料、製品、加工品を壊さず、そのままの形で、大型の試料室に導入し分析を行うことができます。

  • メーカー:株式会社 島津製作所
  • 装置型式:EDX-720
  • オプション:測定部観察用 CCDカメラ
  • 測定方法:エネルギー分散型
  • 測定対象:固体、液体、粉体
  • 測定範囲:原子番号11(Na)~92(U)
  • 試料形状:最大300mmφ×H150mm

X線発生部

  • X線管:Rhターゲット
  • 電圧:5~50kV
  • 電流:1~1,000μA
  • 冷却方式:空冷

検出器

  • 型式:Si(Li)半導体検出器
  • 液体窒素供給:測定時のみ
  • 液体窒素消費量:1リットル/日 程度
  • 測定雰囲気:大気
  • 電源:AC100V 50/60Hz 15A
  • 外寸:W580×D650×H420㎜
  • 本体質量:約80kg

地域連携テクノセンター3階構造分析室にあります。

setsubi_xrfED-XRFの外観